トップページ >グループ企業 /安徽広印堂中薬股份有限公司 企業紹介

安徽広印堂中薬股份有限公司 企業紹介

安徽広印堂中薬股份有限公司(以下安徽広印堂)は、漢方生薬の栽培、エキス抽出、漢方薬の製造や販売を手がける広域の大型企業集団です。資本金は5,056万元、総資産は7億元で、傘下には安徽広印堂製薬有限公司(製造)、東莞広印堂中薬有限公司(流通)、安徽亳広物流運輸有限公司(物流)、亳州市?城広印堂有機農業示範園有限公司(栽培)があります。安徽広印堂は3年連続30%以上の増収を達成中で、2012年の売上は7.24億元、利益が0.88億元、輸出入額が4.225億元(6,500万米ドル)でした。また、生薬飲片の輸出額は2010年、2011年と2年連続で中国で第3位、2012年〜2014年は3年連続で第1位になりました。


広印堂は同業種のなかで率先してGAP/GMP/GSP認証およびISO9001-2008国際品質マネジメントシステム認証を取得し、生薬材に対して<中国薬典>より厳しい自社基準を設けています。長年にわたり、安徽広印堂は安徽省高新技術企業、省級創新型試点企業、省級農業産業化竜頭企業、安徽省十大著名薬商、中国中薬材飲片輸出十強企業、中国経済最具発展力企業などの高い評価を得ています。
安徽広印堂は漢方生薬GAP生産基地を21箇所有しており、標準化栽培基地の面積は8万ムー(1ムー=666u)あまりで、栽培品種は42種類です。全国25の省・市・自治区にそれぞれの土地に適した生薬栽培基地を保有しており、国家のGAP認証も取得しております。
漢方生薬業界においての良好な評判を獲得していて、貿易業務上では、日本、韓国、ヨーロッパ、東南アジア、香港、台湾などの国家むけの業務を拡大しつつ、積極的に欧米市場開拓も行います。国内業務においては大型製薬企業との長期的・安定的な戦略協力関係を強化します。
当社は現在2箇所の国家GMP認証をクリアした製造工場を保有しています。そのうち、漢方生薬エキス製造ラインは年間3,000トンもの生産能力があり、加工可能な生薬の種類は1,000種類あまりで、国家GMP基準に適合した10万級の生薬製剤の生産ラインを有しています。香港一の財閥李嘉誠グループの広州白雲山和記黄埔と協力している安徽広印堂中薬股份有限公司の製薬標準化工場建屋建設プロジェクトは、総投資額2億元、全体の建築面積は5.6万平方メートルで、2011年9月末より正式に生産します。
安徽広印堂は2016年に中国深セン証券交易所において正式に上場する予定です。


安徽広印堂中薬股份有限公司の公式サイト http://www.ahgyt.cn  
※「広印堂中薬」サイト(中国語<英語版もあり>)に移動します。

 

広印堂富山製薬(亳州)有限公司紹介